スポンサーサイト

--年--月--日--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GoogleがMotorola Mobilityを125億ドルで買収へ

2011年08月20日20:28

GoogleがMotorola Mobility(以下、MM)を125億ドルで買収するとのニュースがでました。個人的には想定できていたのですが、ついに決断かといった感じです。

その前振りとしては、3G以降の標準化特許またはエッセンシャル特許も持っているといわれているNotelの特許売却の争奪劇があり、Android陣営のGoogleとそれ以外の連合軍であるApple(勿論iphone)、Microsoft(Windows Mobile)、Research In Motion(Blackberry)、Sony、EMCおよびEricssonのコンソーシアムが争い、連合軍が45億ドルで購入しました。
また、2G/3Gの勇であったNokiaがMicrosoftと提携、そしてそれ以前には、QualcommがLTE以降のOFDMA技術のプロトコル特許を保有しているFlarionを6億ドルで買収をしています。

そこで、残っている標準化特許やエッセンシャル特許を持っている企業では事実上MMとInterDigitalの2社に絞られたと推察していました。
そのうち、今回GoogleはMMを選択したと思いますが、MMは通信携帯機器メーカーでもありかつ重要特許も保有しており、企業としては大きい規模のために、125億ドルという買収価格の大きな決断だと思います。
今後は、Android端末をMMとそれ以外の機器メーカーとでどのように振り分けて戦略化するのかにも注目ですが、特許係争の進展も見逃せません。
但し、現在標準化をしているLTEやそれ以降の次世代の標準化特許はどこが持っているのかについては、プロトコルやWorking Groupの活動が収まるまで見守ることが必要かもしれませんので、これで陣営が決まった訳ではないと私は思っており、まだまだ目が離せません。というよりも、この討争も興味深いのですが、それ以上に次世代通信時代の機能創造にも早めに目を向けるべきかもしれません。

そして、スマートグリッドが導入されることにより、通信事業やスマートフォンとの連動も模索されておりますので、その点も大変興味深いと思います。この点については、次回にお話しましょう。

※ランキングに参加しておりますので、下記バーナーをポチッと押して頂ければ幸いです。
にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へにほんブログ村
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

「想定外」に備える、今後の危機管理と事業再編におけるポイント

2011年06月20日02:47

震災から3カ月以上が経過しました。
今回の震災の直後から私自身も今まで経験しなかった仕事をさせて頂きました。現地や何か所もの事業所や工場にお伺いして、また企業トップの方や現場リーダーの方にも詳細お伺いしたり、通常ではありえない工場の内部まで見せて頂いたりしました。

東北の7~8割の企業が復興されているというデータもありますが、喉元過ぎればということに今回の震災をしないためにも、弊社グループでは下記無料セミナーを開催することになりました。

パネルディスカッションの前半ではこの大震災での経験を振り返ります。早期に復旧できた企業とそうでなかった企業の分かれ目は何だったのか?成功企業での初動対応は?リーダーシップはいかに発揮されたのか?また、パネルディスカッションの後半では、あるべきBCP/BCMやサプライチェーン管理に加え、海外展開によるリスク分散の落とし穴について知財戦略等の観点からも議論します。また、クラウドコンピューティングの活用などについても議論します。

「想定外」に備える、今後の危機管理と事業再編におけるポイント
~東日本大震災に学ぶ、これからの企業経営~


私も登壇させて頂きますので、ご興味のある方はご参加頂ければ幸いです。

宜しくお願い致します。


※ランキングに参加しておりますので、下記バーナーをポチッと押して頂ければ幸いです。
にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へにほんブログ村
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

デバイスの高機能カスタマイズ VS アプリonプラットフォーム  ~昨朝の日経新聞:HOYAやルネサス、国内集中生産を見直し~

2011年05月27日00:23

昨朝の日経新聞の1面に、「~HOYAやルネサス、国内集中生産を見直し:高シェアの電子部品・素材 海外拠点にも分散~、日本メーカーがリスク分散のため、国内に集中している高機能部材を海外で生産する」、との記事が出ていました。
また、「世界の自動車、電機メーカーなどは震災前から、リスク回避のため1次取引先の複数化を進めてきた。「ピラミッド型」の調達網をつくったはずだったが、高機能部材は供給できる企業が限られるため、2次取引先以降は調達先が減る「たる型」になっていた」と指摘し、「海外移転で技術流出のリスクは高まりそう」との懸念点も示唆されています。
また弊ブログの4/30では、『技術流出を想定し、ノウハウ管理を含めたポートフォリオとしての周到な知財戦略を実行しておいた企業のみが、企業活動の選択枝を狭めることなく、直ぐに海外への移設を検討出来ると言っても過言ではない』と同様の論点を挙げていました。

では、ティア2~3(2次・3次下請け)のデバイスメーカーが高機能のカスタマイズ製品を海外移転するだけで事は収まるのかというと、そうではないと予測しています。例えば、OEMメーカーとしても、今回の教訓から今後はカスタマイズ製品を極力使わない方向に進むでしょう。今まではエンジン用のECU(Engine Control Unit)用のチップ、ミッション用のチップ等はそれぞれカスタマイズされた形で設計製造されてルネサス社等で高性能部品として製造されていました。
数年前までは、携帯電話もカスタム化されたデバイスが多用されてきましたが、iphoneやAndroid等の登場によって統合処理の可能な汎用的なチップを使いこなし、その上にプラットフォームを形成し、アプリケーションで処理する方法に方針転換がされてきています。
デバイスの高機能カスタマイズからアプリonプラットフォームへの方向は、携帯やゲーム度同様に統合制御のリンク先が多くなる自動車においても進むと考えています。第1にEV/PHV(電気自動車/プラグイン・ハイブリッド車)により電装系の統合制御システム、第2にテレマティクスと前記統合制御をリンクしたプラットフォーム、第3にスマートメーターやスマートグリッド等とのリンクしたプラットフォームが必要なことが理由です。最近トヨタ自動車がマイクロソフトやセールスフォース・ドットコムとの提携はこのような動向を提携という形で先取りしようということだと思います。

また、バージョンアップや機能追加やロジック修正もアプリ上で実施すれば、バードを変更することなく(若干の)性能向上やUI(User Interface)変更による利便性が向上するからです。
でもそうすると、日本の自動車OEMのコアテクノロジーであった刷り合わせの技術資産は衰退してしまい差別化も困難となり、EMS(Electronics Manufacturing Service)のようなアッセンブリーメーカーにならないよう、車好きの私は心から祈っています。
そこで、サプライチェーンの再編と同時にオープンイノベーションを軸とした知財戦略+R&D戦略はさらに重要な位置づけになると思います。

※ランキングに参加しておりますので、下記バーナーをポチッと押して頂ければ幸いです。
にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へにほんブログ村
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

Reebok Easytoneを買ってみました

2011年05月05日16:59

久し振りにモノログです。
比較的新し物好きですが、特にスニーカーは大好きで家族から白い目で見られている程です。
モデルチェンジで大割引中ということもあり、CMでも出ているReebok Easytoneというウォーキングシューズを買ってみました。

Reebok社は1980年代にエアロビクスシューズで一世を風靡し、その後ポンプフェーリーの空気室でフィット感を高める仕組み等々、奇想天外の発想をスニーカーに導入する会社でもあり、個人的にも注目しています。その後Reebok社は、DMXというソール(靴底部)に複数の空気室を配置して相互に管で連結し、空気を流動することにより衝撃を吸収するシステムで、これもお気に入りのシステムでした。

さて、ウォーキングシューズにおいては、先にMBT(マサイ・ベアフット・テクノロジー)社がフィットネス効果の高いウォーキングシューズを発売しておりますが、かなりRの強い船底タイプ形により、歩行時には通常より不安定となるので体を安定させようと反応し、全身の筋肉が活発に働き始め、とりわけ体幹部の筋肉が活性化されることで姿勢が改善され、大腿部や臀部が引き締められ、より多くのカロリーが燃焼されるに狙って設計されております。

一方、Reebok EasytoneもMBT社狙いが似ているような気がしますが、ソール(靴底)部には膨らんだ“バランスポッド”が配置されており、まるでバランスボールの上に立ったようなふわふわとした履き心地が、ボディコアに自然な負荷をかけ、美脚化やヒップアップを促す筋肉を刺激するとのこと。履き心地は若干不安定な感じもあり、正にバランスボールなのですが、慣れてしまえばさほど気になりません。また、前記の空気の流動がDMXにも履き心地が似ており、設計思想が延長線上にある感じがします。ソールの不安定さを補うためか、靴のアッパーは通常のReebok社のシューズよりもタイトで固めに出来ています。私は日本人の平均的な身長&体重なのですが、足が28cm程度と大きいので体重設定が軽めなためか、早く歩くためには垂直的に荷重を掛けなければならず、そうすると歩幅が減少してしまい、兎に角早く歩けないのです。(個人的な問題ですが。。。)でも、肝心のフィットネス効果はありそうな感じで、期待しています。

また、知的財産としては、Training Footwearの名称で、US2010251565(A1), US2010251567(A1), EP2250918(A1), CN101856161(A)の4件の特許出願がされております。(意匠もUSでShoe soleで2件)しかし、日本には出願されていないのですね。日本のウォーキングシューズ市場は余り大きくなく、生産国でもないので、出願は不要との判断なのでしょう。
尚、特許出願明細書の内容からもDMXの血筋が感じられるものになっており、上記の私のインプレを裏付けるもので、「やっぱりねー」と一人でニヤっとしてしまいました。

※ランキングに参加しておりますので、下記バーナーをポチッと押して頂ければ幸いです。
にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へにほんブログ村
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

原発事故に思う、現場力とトータルリスクマネジメント

2011年03月16日05:37

東北関東大震災により被災された皆様、そのご家族の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。
金曜日は私も娘を迎えに、11km程徒歩で学校まで小走りで向かいました。
余震や停電、放射線等々の不安もありますが、ここは一番気を引き締めて行こうと思っております。

さて、原発事故に際してあえてエンジニア目線で思うところを書こうと思います。
まず、色々と指摘されておりますが、40年以上前のレストアも必要な装置であるにも関わらず、大きな問題を数々過去経験のない降りかかる火の粉のような課題を解決しつつ対応しつつ現場力を発揮することは本当に大変だと思います。東京電力、関係官庁等の方も精一杯ご尽力頂いていることと思います。
私も現場対応の経験がエンジニア時代に種々経験しているものの、想像を絶する困難さと即時の判断を迫られる現場ではないかと思慮しております。

テレビ等で解説されている説明も今一歩分かりにくかったので、私が分かりやすいと感じた、東工大→MITで原子力工学の博士号をお持ちで、日立製作所で原子炉の設計経験のあるビジネスブレークスルー大前研一さんのリンクを張り付けておきます。
http://www.youtube.com/watch?v=U8VHmiM8-AQ

上記の現場力という観点を考えると、やはり設計や現場等の修羅場経験のあるエンジニアの知恵が重要です。資格試験で豊富な経験や知見を問われる、私も属している技術士会の原子力・放射線部門の登録人数を見てみると、総計で227名しかいません。機械部門の1884名、建築部門の7259名と比較するとかなり少数です。このことは開発等している企業が限られていることからも分かると思います。
また、前記のように同様な事故の修羅場をくぐってきた現場経験も重要ですので、急速にかつ連鎖的に状態は悪化していることを勘定しても、IAEA等への現場対応の専門家の支援ももう少し前倒しの方が好ましかったと感じております。

今回の一連の事態は、現在アカデミックでも研究が進みつつあるトータルリスクマネジメント(TRM)のMOT (Management Of Technology)観点の重要性を再認識しました。
設計時の建物の配置、電源や動力の多系統以上の異常時の施策のなるべく多い盛り込み、災害に対する2次・3次災害の想定等々ときりがありません。過去のアポロ計画の事故から発した信頼性工学以上に、この教訓を我々が活かして将来へ繋いでいくことが使命の一つだであるとして、自分のタスクアイテムに追加しました。

自宅のある東京でも影響が心配されますので、公開して頂いているガイガーカウンタの数値の推移や、Ustreamの現在値を注視しております。

※ランキングに参加しておりますので、下記バーナーをポチッと押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へにほんブログ村
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

Twitter

プロフィール

山崎 忠史 (渾称:ただす隊長)

Author:山崎 忠史 (渾称:ただす隊長)
会計系コンサルティングファームにて、上場企業を中心とした知財戦略支援のアドバイザリーやコンサルテーション、M&A等の知財・技術のデューデリジェンスやバリュエーション等の価値評価・価値算定の業務に従事。特に、特許情報や事業情報等から技術ロードマップ作成しての詳細なR&D分析が得意。

大手メーカーでの開発部門や知財部門のマネージャー(2社)を歴任した経験を生かしつつ、三位一体の戦略(事業戦略・技術開発戦略・知財戦略)に「競争戦略」を切り口とした新しい知財戦略思想とイノベーションの関係を、コンサル実務とアカデミックの両面から問い続ける毎日。

・早稲田大学ビジネススクール(MBA・夜間主)・市場競争戦略モジュール(内田和成ゼミ)卒
・東京工業大学 イノベーション研究科、イノベーション専攻、博士後期課程(田中義敏ゼミ)在学中
・技術士(機械部門)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。