スポンサーサイト

--年--月--日--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中央大学MBAでの講義

2010年05月30日21:35

今日は、中央大学ビジネススクール(MBA)のベンチャービジネス論で、テキストのバブソン大学のアントレプレナーシップ(日経BP社)の第13章・知的財産【コンパクトに良くまとまっていてお勧めです】を受けて、知的財産戦略についてお話させて頂きました。

1.5時間の1コマで前半講義+後半ミニケースの構成でしたが、ビジネススクールの醍醐味で前半部分から活発にご質問を頂いて盛り上がりました。反面トラブルも重なり、後半は時間超過してしまい申し訳ございませんでした。

何と、使ったケースが同MBAのブランド戦略の講義のケース内容と一部重なっていたことをお教え頂いて、某メーカーの製品の高い売上げは、ブランドだけではなく技術面の特許や形状の意匠も統合的は知財戦略の上に成り立っていることをお伝え出来たことが思わぬ収穫でした。

反省点はあるものの、こちらもLIVE感を味わわせて頂いた、実に楽しいひと時でした。有難うございました。

IMG_0351.jpg
スポンサーサイト

Twitter

プロフィール

山崎 忠史 (渾称:ただす隊長)

Author:山崎 忠史 (渾称:ただす隊長)
会計系コンサルティングファームにて、上場企業を中心とした知財戦略支援のアドバイザリーやコンサルテーション、M&A等の知財・技術のデューデリジェンスやバリュエーション等の価値評価・価値算定の業務に従事。特に、特許情報や事業情報等から技術ロードマップ作成しての詳細なR&D分析が得意。

大手メーカーでの開発部門や知財部門のマネージャー(2社)を歴任した経験を生かしつつ、三位一体の戦略(事業戦略・技術開発戦略・知財戦略)に「競争戦略」を切り口とした新しい知財戦略思想とイノベーションの関係を、コンサル実務とアカデミックの両面から問い続ける毎日。

・早稲田大学ビジネススクール(MBA・夜間主)・市場競争戦略モジュール(内田和成ゼミ)卒
・東京工業大学 イノベーション研究科、イノベーション専攻、博士後期課程(田中義敏ゼミ)在学中
・技術士(機械部門)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。