スポンサーサイト

--年--月--日--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エプソンの勝てる知財戦略@嶋口・内田研究会(後編:中国知財事情)

2011年03月28日19:39

震災等もあり、前編のエプソンの勝てる知財戦略「勝てる知財戦略」から大分時間が空いてしまい申し訳ございません。
本日は後編として、「中国知財事情」の部分について書かせて頂きます。

弊方がメーカーの知財部在籍時代の約10年前の事ですが、その頃の中国は法的には整備が進みつつある時代でありましたが、中国の模倣品対策で同僚の商標の担当者が北京の執行官を連れて地方の製造工場で出向いて行ったことを覚えております。その後の10年で中国の知財事情は大きく変わっていることを教えて頂きました。

まず、研究開発費への投入増加や税・融資関連優措置など、中国政府が定めた各種革新奨励策とも密接に関係して、中国の特許出願件数は急上昇しており、国内・海外出願共にトップの地位が目に見えてきていることは、ニュース等から皆様もご存じでしょう。
加えて、その追い風は知財訴訟件数にも及んでおり、2001年の5千件台から2005年には1万件台、2009年には3万件台と急増しています。模倣品等の海外企業からの商標に関する事件が多いのかと思うとそうでもなく、著作権:約1.5万件、商標:約7千件、特許:約4千件と多岐にわたり、さらに原告は国内の企業や個人の方が多いとのこと。一方、知財訴訟の件数を国別で比較すると、米国でも1万件には及んでおらず、日本は数百件レベルですので大きく引き離されており、知財分野でのNo.1の訴訟国家への道も歩んでいると言えそうです。
よって、多くの出願・権利化を目指した先にある、自国の権利を保護し活用するための訴訟基盤の整備も進んでいると考えられ、現状では経済活動に遅れを取っている知財活動も、2008年6月に「中国国家知識産戦略大綱」として発せられた後に、知財ナショナリズムの高まりも急ピッチで醸成されていると思います。

また、エプソンの上柳本部長からは、「逆に言えば、知財で牛耳れる可能性もあり、日本企業にもチャンス有り」と力強いお言葉を頂いておりますが、エプソンのような知財のハイレベルな企業は確かにチャンスだと思いますが、従来のままの日本の知財戦略レベルの企業では質・量共に勝てずに、中国市場では知財で歯が立たない可能性もあると危惧しております。そのことは、一番の市場や生産地において、日本発の知財が機能しないことを意味しており、差別化の為の障壁形成が出来なくなるだけではなく、逆に中国企業に万里の長城のような障壁形成を許してしまうしまうことに他なりません。

さらに、エプソンでは「知財係争は、業界で一番厳しい対応をすることがポイント」とのポリシーをお持ちのようで、これも重要なご指摘だと感じました。そうでなければ、ターゲットとしてまず初期に集中的に訴訟の生贄に祭り上げられ、多くの訴訟で対応が十分取れないために受け身に回ってしまい、形勢不利のまま和解するしかないという負のスパイラルに陥ると思います。

弊方にも多くのご相談がありますが、グローバル化を進める企業様のご支援として、 「攻守の知財グローバルポリシー」 を初期段階で構築されることをお勧めしています。
貴社には「攻守の知財グローバル・ポリシー」がお有りですか?

※ランキングに参加しておりますので、下記バーナーをポチッと押して頂ければ幸いです。
にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へにほんブログ村
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Twitter

プロフィール

山崎 忠史 (渾称:ただす隊長)

Author:山崎 忠史 (渾称:ただす隊長)
会計系コンサルティングファームにて、上場企業を中心とした知財戦略支援のアドバイザリーやコンサルテーション、M&A等の知財・技術のデューデリジェンスやバリュエーション等の価値評価・価値算定の業務に従事。特に、特許情報や事業情報等から技術ロードマップ作成しての詳細なR&D分析が得意。

大手メーカーでの開発部門や知財部門のマネージャー(2社)を歴任した経験を生かしつつ、三位一体の戦略(事業戦略・技術開発戦略・知財戦略)に「競争戦略」を切り口とした新しい知財戦略思想とイノベーションの関係を、コンサル実務とアカデミックの両面から問い続ける毎日。

・早稲田大学ビジネススクール(MBA・夜間主)・市場競争戦略モジュール(内田和成ゼミ)卒
・東京工業大学 イノベーション研究科、イノベーション専攻、博士後期課程(田中義敏ゼミ)在学中
・技術士(機械部門)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。