スポンサーサイト

--年--月--日--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GoogleがMotorola Mobilityを125億ドルで買収へ

2011年08月20日20:28

GoogleがMotorola Mobility(以下、MM)を125億ドルで買収するとのニュースがでました。個人的には想定できていたのですが、ついに決断かといった感じです。

その前振りとしては、3G以降の標準化特許またはエッセンシャル特許も持っているといわれているNotelの特許売却の争奪劇があり、Android陣営のGoogleとそれ以外の連合軍であるApple(勿論iphone)、Microsoft(Windows Mobile)、Research In Motion(Blackberry)、Sony、EMCおよびEricssonのコンソーシアムが争い、連合軍が45億ドルで購入しました。
また、2G/3Gの勇であったNokiaがMicrosoftと提携、そしてそれ以前には、QualcommがLTE以降のOFDMA技術のプロトコル特許を保有しているFlarionを6億ドルで買収をしています。

そこで、残っている標準化特許やエッセンシャル特許を持っている企業では事実上MMとInterDigitalの2社に絞られたと推察していました。
そのうち、今回GoogleはMMを選択したと思いますが、MMは通信携帯機器メーカーでもありかつ重要特許も保有しており、企業としては大きい規模のために、125億ドルという買収価格の大きな決断だと思います。
今後は、Android端末をMMとそれ以外の機器メーカーとでどのように振り分けて戦略化するのかにも注目ですが、特許係争の進展も見逃せません。
但し、現在標準化をしているLTEやそれ以降の次世代の標準化特許はどこが持っているのかについては、プロトコルやWorking Groupの活動が収まるまで見守ることが必要かもしれませんので、これで陣営が決まった訳ではないと私は思っており、まだまだ目が離せません。というよりも、この討争も興味深いのですが、それ以上に次世代通信時代の機能創造にも早めに目を向けるべきかもしれません。

そして、スマートグリッドが導入されることにより、通信事業やスマートフォンとの連動も模索されておりますので、その点も大変興味深いと思います。この点については、次回にお話しましょう。

※ランキングに参加しておりますので、下記バーナーをポチッと押して頂ければ幸いです。
にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へにほんブログ村
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Twitter

プロフィール

山崎 忠史 (渾称:ただす隊長)

Author:山崎 忠史 (渾称:ただす隊長)
会計系コンサルティングファームにて、上場企業を中心とした知財戦略支援のアドバイザリーやコンサルテーション、M&A等の知財・技術のデューデリジェンスやバリュエーション等の価値評価・価値算定の業務に従事。特に、特許情報や事業情報等から技術ロードマップ作成しての詳細なR&D分析が得意。

大手メーカーでの開発部門や知財部門のマネージャー(2社)を歴任した経験を生かしつつ、三位一体の戦略(事業戦略・技術開発戦略・知財戦略)に「競争戦略」を切り口とした新しい知財戦略思想とイノベーションの関係を、コンサル実務とアカデミックの両面から問い続ける毎日。

・早稲田大学ビジネススクール(MBA・夜間主)・市場競争戦略モジュール(内田和成ゼミ)卒
・東京工業大学 イノベーション研究科、イノベーション専攻、博士後期課程(田中義敏ゼミ)在学中
・技術士(機械部門)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。